故郷へ ~ 汽車の風景

夕焼けの向こうに消えたふるさとを探しに ・・・

北の鉄路物語

                                                                                 故郷へ~汽車の風景  デジブック


                                                                                      北の鉄路物語


                                                                                     あのひとつ葉にも
                                                                                     レールきわの石ころにも
                                                                                     土にも 

                                                                                     濃密な時間は沁みており





                                                                                     それは
                                                                                     鉄さびの色をして

                                                                                     風に乗って雪に乗って

                                                                                     ここではないどこかにいまだ在る、
                                                                                     なじみの駅舎を包みこむ







                                                                                     しまりのわるい扉

                                                                                     虫のはさまった窓

                                                                                     ささくれた椅子


                                                                                     塵になりかけた床の隅も
                                                                                     撫でる手に伝わる壁のへこみも


                                                                                     はっきりと温度をもってそこに在り



                                                                                     記憶の中で
                                                                                     やわらかな灯が
                                                                                     ジッとかすかな音たててともる




                                                                                     やさしい物語を綴ろう






                                                                                     私のこころはいまでもそこにいて








                                                                                     そっちでそれはいまも
                                                                                     しまりのわるい扉をえいっとあけ




                                                                                     友よ
                                                                                     こたえはかぜのなかにある




                                                                                     なあんて 小声で歌って
                                                                                     きしゃを待ってるに違いない






                                                                  
スポンサーサイト

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/01/10(水) 06:00:00|
  2. デジブック(写真アルバム)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

線路の向こうに夕焼けが

                                                                                   故郷へ~汽車の風景 デジブック


                                                                   

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/01/09(火) 06:00:00|
  2. デジブック(写真アルバム)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お山のうえで深呼吸 ~ 旅ネコの唄

                                                                                故郷へ~汽車の風景 デジブック


                                                                                「おやまのうえで深呼吸 ~ 旅ネコの唄」



                                                                                旅から帰ったんだと実感するのは
                                                                                自分のエリアの空気を
                                                                                いちばんさいしょに取り込んだとき





                                                                                なんどか呼吸すると 旅の気配が薄れ
                                                                                いつもの自分になる




                                                                                歌ってくれ


                                                                                僕が その場を去っても
                                                                                あの歌を歌って 笑っててくれ


                                                                                ほんの少しでも 僕のことを覚えてるなら



                                                                                あいつ こんな小さい風景が好きだったよな

                                                                                あいつ カメラ抱えて 汗かいて
                                                                                こーんな 顔 してたよな



                                                                                なんて

                                                                                ひとのことを肴に
                                                                                楽しく 飲んだり食べたりしてる日々を 
                                                                                続けていてくれ




                                                                                いつかこの身が 旅の気配に支配されて


                                                                                また
                                                                                よう って 突然現れる時も
                                                                                そのまま
                                                                                あたりまえのように 
                                                                                さっきの話の続きをするみたいに






                                                                                思いっきり深呼吸したら
                                                                                あの 遠いマチの空気も きっと吸い込める



                                                                                一歩前 一歩後ろ
                                                                                それはもう君との最短距離




                                                                                繋がってる空の下















                                                                 

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/27(水) 06:00:00|
  2. デジブック(写真アルバム)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏は来ぬ

                                                                            故郷へ ~ 汽車の風景  デジブック


                                                                                    「夏は来ぬ」


                                                                                  昨日とは違う自分が
                                                                                   今日 生きていて


                                                                                       明日 
                                                                                 このままいけば たぶん
                                                                               またちがうふうに生きている





                                                                                   何が正しいとか
                                                                               なにが まちがってるとか

                                                                                  難しいことは知らない



                                                                                      ただ

                                                                                  君が見ていた夏は

                                                                                      僕には
                                                                                      特別
                                                                                     まぶしくて



                                                                                 絶対に捕まえられない
                                                                                    時間が流れ


                                                                                 涙こらえるかのような

                                                                                 昨日とは違う風が吹く



                                                                                   忘れないために 
                                                                                その手にはカメラがあり


                                                                                   忘れないために
                                                                               その身 その心が 息づく




                                                                                  きっと大丈夫 きっと


                                                                                   いい風が吹くよ







                                                               

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/01(金) 06:00:00|
  2. デジブック(写真アルバム)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風はその背に

                                                                               故郷へ~汽車の風景 デジブック


                                                                                    「風はその背に」


                                                                                いい時間を 過ごしましたか



                                                                                  声の向こうのその背に
                                                                                   風が 触れている



                                                                                     あなたが 
                                                                                  そこに向かうたびに


                                                                                     あなたが 
                                                                                  そこに立つたびに



                                                                                    心配になり
                                                                                      でも
                                                                                     安心もし



                                                                               そこには不可侵な 結界があり



                                                                                     私はただ
                                                                                     うんうんと 


                                                                                 風来坊の歌を聞くばかり



                                                                                      それは
                                                                                    豊かな波長で
                                                                                   貴方の心をなだめ


                                                                                  私のざらついた心も凪ぐ



                                                                                 いい時間を持てましたか



                                                                                  いい汗をかきましたか



                                                                               いい顔で 帰ってきてくださいね









                                                                 

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/30(木) 06:00:00|
  2. デジブック(写真アルバム)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

僕は ・・・

タブレット

Author:タブレット
故郷へ続くレールを 追いかけて・・・

逢った場所は ・・・

鉄道写真~北海道 (581)
鉄道写真~北海道・山口 (1)
鉄道写真~千葉県 (81)
鉄道写真~広島県 (38)
鉄道写真~島根県  (512)
鉄道写真~山口県 (1060)
鉄道写真~福岡県 (305)
鉄道写真~佐賀県 (5)
鉄道写真~長崎県 (53)
鉄道写真~大分県 (100)
鉄道写真~熊本県 (232)
鉄道写真~宮崎県 (5)
鉄道写真~鹿児島県 (20)
非鉄道写真 もろもろ (28)
With You Tube Song  (19)
デジブック(写真アルバム) (119)

逢った時は ・・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する