FC2ブログ

故郷へ ~ 汽車の風景

夕焼けの向こうに消えたふるさとを探しに ・・・

白い竜が翔んだ

                                        山口線 


DSC_5821_convert_20120114140204.jpg

                                     登るのを躊躇したのだが






DSC_5829_convert_20120114140223.jpg

                                     その30分後には僕はうなずいていた

                                     






DSC_5838_convert_20120114140243.jpg

                                     雪景色とまではいかなかったが







DSC_5863_convert_20120114140325.jpg

                                     白竜ごときのたなびく煙に逢えた








DSC_5868_convert_20120114140428.jpg

                                     よかった 登って ・・・ よかった







DSC_5910_convert_20120114140455.jpg

                                     また ひとつ 年を越して逢いたい 






DSC_5954_convert_20120114140517.jpg

                                     うしろ姿の白い竜に メリークリスマス








                                         ※12/23撮影
スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/22(水) 06:00:00|
  2. 鉄道写真~島根県 
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<なんの写真やら ・・・ の夜  いっかいめ | ホーム | 雪山から>>

コメント

ツルッといったら・・・

足下に白いものが見えますね。当然雪なんでしょう
けど、普段伺ってる話からすると、万が一ツルッと
滑ったら・・・。あんまり想像したくない光景ですね(^_^;

それにしても、ここは吹きっ晒しでしょ? 煙の具合
からすると無風に近い状態みたいですが、それでも
やっぱり寒そう。それとも北海道の冬を経験している
と、へっちゃらなんでしょうかねぇ。
  1. 2012/02/22(水) 12:46:56 |
  2. URL |
  3. kamisan #9PGh0.G.
  4. [ 編集 ]

Re: ツルッといったら・・・

岩に降り積もった雪ですね
でも手前の僕の足元にはたいした雪はなく危なくはありませんでした
僕は高所恐怖症ですから 危ない所はニガテです
岩の上といっても 周りは絶壁の ・・・ ではありません
万が一 落ちても 命に別状はない思います(骨折くらい かな)

ここね 意外と風が年中あたらないんですよ
線路のところもいつも煙は暴れません
谷になってますが お山のうえからの吹きおろしも 谷からの吹上もないですね
それと スカがあまりありません
ほどほどの煙があります
カミサン 1時間かけたら登れますよ どお?

寒さ ・・・ 北海道ではさほど寒いとは思いませんでした
先入観があって 寒さを楽しめました
こちら(九州 日田彦山線 大行司ー筑前岩屋)のほうが寒かった
  1. 2012/02/22(水) 19:38:20 |
  2. URL |
  3. 前期高齢者(sirainosato) #-
  4. [ 編集 ]

何故たろう?

*実は昨日から考えておりました、
 津和野から船平山へはかなりの急坂でSLは全力で
 上がると思うのですが 何故か黒煙でなく白煙
 なのでしょうか? 専門家である貴殿ならご存知
 ではないでしょうか?
  1. 2012/02/23(木) 15:11:40 |
  2. URL |
  3. ふな #-
  4. [ 編集 ]

答えになってませんが

蒸気機関車の煙は本来は無色です。
発車時や登り坂で出力をあげるときだけ不完全燃焼で黒くなります。
ただ、最近の蒸気機関車は観光目的なので、わざと黒煙をだすことも多いようです。
昔は低質な国産炭を使用していたので黒煙吐きまくっていましたが、最近動いている蒸気機関車には上質の無煙炭を輸入して使っているのでほぼ完全燃焼させることが出来ますし、集煙装置もあるので煙を出さずに走行させることも出来ます。
少なくとも、現在、日本国内で復元運転をつている蒸気機関車では重油専燃改造されたものが多く、そうでないものでも高質炭を使うので昔ほどの黒煙を上げているわけではありません。実際はほとんどが水蒸気の白煙を上げています~ と ここまでは他人様のアンサーを掲載させていただきました


白煙 ・・・ たぶん 煙と一緒に吐き出された温められた水蒸気が煙突から出た瞬間に 冷たい外気に触れて
白くなったのではないでしょうか
煙はほとんど出てないと思います
出ればコクのあるグレーの煙になります

気温が10℃を下回ると黒い煙がグレー(灰色)になります
不完全燃焼の黒い煙と水蒸気が白くなるのとが混ざってこの色になるのではないでしょうか

・・・ 山口線 津和野ー船平山は16.7‰です
仁保ー篠目は25‰です
ゆっくり息を切るようにあえいでのぼってくる様は
涙が出そうになります
 


  1. 2012/02/23(木) 18:15:55 |
  2. URL |
  3. 前期高齢者(sirainosato) #-
  4. [ 編集 ]

すごい

この撮影地、抜群ですね。
たっぷりの煙を棚引かせて走る姿、美しいです。
そして何度も何度も姿を見せてくれるありがたさ、、、
出かけたくなります~。
  1. 2012/02/24(金) 06:53:56 |
  2. URL |
  3. kenken #C8YzfL9Q
  4. [ 編集 ]

Re: すごい

ここは津和野の町はずれからお山のほうにはいってすぐの右手(北西側)のお山(雲井峰 523m)の中腹からです
通称 ・・・ ローソク岩 と呼ばれてます
線路と並行して走る道路(県道13号)のふくらみに駐車して 登坂 ・・・ 約25分です
距離はさほどありませんが 急斜面につき リュックに小型の三脚を装着して両手をあけての登坂がよいようです
最近 登坂する方が増えたのか かなり 踏み跡がはっきりしてきました(汗)

このとおり 津和野の町のはずれから 真下 後追いと
欲張りの僕をも満足させてくれます

16‰なので 煙もはずれなく でますし
なにより四季を通じて風の影響がほとんどありません
素直なたなびきをみせてくれます

健脚なうちに登られること おすすめいたします 
  1. 2012/02/24(金) 20:32:27 |
  2. URL |
  3. 前期高齢者(sirainosato) #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

ていねいな撮影地解説、ありがとうございます。
う~ん、ますます出かけたくなります~。
出かけられるようでしたら、もう少し詳しく教えてくださいね。
というか、ご一緒したいです。
  1. 2012/02/25(土) 07:20:54 |
  2. URL |
  3. kenken #C8YzfL9Q
  4. [ 編集 ]

Re: ありがとうございます

はい 予定がたちましたら お早めにご一報ください
新緑の頃(4月末~5月上旬)や紅葉(11月中旬)がお山は美しいです

山口号の運行表と自分の連絡先をそちらのブログに記しておきます
  1. 2012/02/25(土) 09:17:49 |
  2. URL |
  3. 前期高齢者(sirainosato) #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sekitan9522.blog123.fc2.com/tb.php/1227-44570467
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

僕は ・・・

タブレット

Author:タブレット
故郷へ続くレールを 追いかけて・・・

逢った場所は ・・・

鉄道写真~北海道 (748)
鉄道写真~北海道・山口 (1)
鉄道写真~千葉県 (85)
鉄道写真~広島県 (43)
鉄道写真~島根県  (539)
鉄道写真~山口県 (1015)
鉄道写真~福岡県 (326)
鉄道写真~佐賀県 (5)
鉄道写真~長崎県 (134)
鉄道写真~大分県 (112)
鉄道写真~熊本県 (318)
鉄道写真~宮崎県 (5)
鉄道写真~鹿児島県 (44)
鉄道写真~岩手県 (2)
鉄道写真~福島県 (6)
非鉄道写真 もろもろ (97)

逢った時は ・・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する