FC2ブログ

故郷へ ~ 汽車の風景

夕焼けの向こうに消えたふるさとを探しに ・・・

ここちよいっていいことだ

                                                                                       花咲線

                               1175_convert_20161027142307.jpg

                                                                        ところで こんな崖だから 落石 ・・・ なんだろかな?

                                                    







                               3130_convert_20161027142148.jpg

                                                                   あるがまま あるがままにでいいと ・・・ 空が 海が 風が そこにあった




                                                                                     ※10/16撮影
スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/29(火) 06:00:00|
  2. 鉄道写真~北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<昆布の下はゴロタ石なんだよ | ホーム | 一夜 明けて>>

コメント

朝の順光のいいね

すがすがしいって感じですね。
夕日の時間から今日の風景まで セットで見させていただいく
と恒久の時の流れを感じますね。
(でも寒そう。夕日のあの写真 I社長の右手
ちじこまってますぅ~。で、あの白レンズ!(^^)

中井さん そうですか ゆる鉄ですよね。
撮影地で時々お見かけしますが、こんなに近く
で会話なんかしたことないです。
いい時間を持てて うらやましいです。

波の青さとしぶきの白さ いいね~
この砂浜 車が走れるんですね。漁業関係者の
車両でしょうか?
  1. 2016/11/29(火) 08:27:59 |
  2. URL |
  3. 千葉県のi-shi #-
  4. [ 編集 ]

Re: 朝の順光のいいね

このあと釧路方面(サルルン・サルボ展望台)へと予定がありましたが
天候もよかったし朝の順光の風景も見たくなりまたまた立ち寄りました
この1便だけ撮りすぐにこの断崖上を後にしました

右手 ・・・ ほんとだ 握りしめてる(笑)
気温と言うよりもむちゃくちゃ風が強くてね
そうですよ 70-200mm よく写りますよ  一度修理に出しましたがこれは名器ですよ

そうなんですか 関東の方ですからね
もし近くにおられたら チワーくらいいいんじゃないですか?
ここは逆にお互い寄り合わないと周りがダダ広くて殺風景で不安になりそうな場所だからちっともお互いに嫌な思いの雰囲気はありませんでした 

断崖の下の浜にはタイヤ跡がいつもあり確かに漁師さんがかなり先まで走って行くのをみかけました
観光の人もたまに先にある戦時中の砲台跡を見学しに行くようですよ
埋まったら ・・・ こわくて行く気にもなりませんね(笑)

コツは波打ち際ギリギリを走る これだそうです
乾いた砂地は埋まりやすいそうです
  1. 2016/11/29(火) 12:19:27 |
  2. URL |
  3. タブレット #-
  4. [ 編集 ]

ok-chish   オㇰチㇱ 
落石はアイヌ語由来
アイヌ語で うなじ・中くぼみ の意味 人体でいえば「ぼんのくぼ」とか 
ok chish は 古いアイヌ語らしい
落石岬の付け根の港部分がオㇰチㇱであり 岬は頭頸部ということ アイヌは地形を人体で表すといういい例
石が落ちるような断崖であるとかいう意味にあらず

と 拙ブログに書きました( ̄▽ ̄)
各地を訪れてアイヌ語が表すようにこの目で地形を確めるという作業が大好きです(^^)
本当にお世話になりました
中井さんとの時間夢のようなひとときで
あの場のみなさまと楽しいおしゃべりもできて 幸せでした~
  1. 2016/11/29(火) 20:34:25 |
  2. URL |
  3. Jam #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Jamさんへ

道内のひとがみんなそうだなんて思いませんが
Jamさんはアイヌの文化や言語に造詣が深いので講義を聞くのも渡道の楽しみのひとつになりました(笑)
撮影旅してると訪ねる駅や土地の名前はどうしても目の前にぶらさがります
発声するときのその独特のアメーバのような変形感がたまらなく印象的です
また読むにはかなり難解な土地名はどこともいえない愛着心をもってしまいます
そのひとつひとつにちゃんと意味があることJamさんにたくさん習ったのももう7年目ですかね
開拓の歴史もわかりやすく習ったので今年の夏の台風被害の状況をテレビで観たときは胸が痛みました
鉄道撮影という単なる遊び趣味で北の大地のあちこちをまわってその各地で地に足をつけて生きている人たちを見て感じ入ること多しです

都合がついたので花咲や釧網本線をいっしょにまわれたこと僕も助かりましたし
なによりいっしょにときめいたですね 潮風の匂いに 月の風景に 出逢いに

また機会があれば旅にでましょう
感じる心があればきっと叶えらえると信じて

  1. 2016/11/29(火) 21:04:38 |
  2. URL |
  3. タブレット #-
  4. [ 編集 ]

この場所

*この場所は春も夏も秋もほぼ変わらない
 のではと想像します、冬はどれくらい雪が
 降るのか 積もるのか ? しかしここまで
 出掛けるのは大変ですね~
  1. 2016/12/01(木) 15:30:52 |
  2. URL |
  3. ふな #-
  4. [ 編集 ]

Re: この場所

するどいなぁ 僕もそう想像してます
まあ 夏はも少しだけ熊笹の緑が強いかもですがそんなにはかわらないでしょうね

ここらは降雪量はさほどないそうです
風が強いから降っても吹っ飛んでしまい吹き溜まりだけは深いようです
  1. 2016/12/01(木) 17:40:57 |
  2. URL |
  3. タブレット #-
  4. [ 編集 ]

いつか・・・

こちら有名撮影地ですね~
いつか行きたいと思ってる場所~
日中の撮影も綺麗ですが、夕焼けも綺麗でしょうね~
天候も味方してくれていいのが撮れて羨ましいです。
廃線予定が多い北海道なので早めに色々廻ってみたいです。
  1. 2016/12/03(土) 22:49:29 |
  2. URL |
  3. たーくん #-
  4. [ 編集 ]

Re: いつか・・・

ネットでいろんな方たちの写真を見てゆくことを決めたのですが
落石というところに着くのに遠かった
そして着いて方向だけを間違えないように撮影地にたどり着くまでが広い熊笹草原丘陵を歩くのがまたたいへんでした
ここの海から吹き付ける風の強さは未体験のものでした
30分も歩けば着くのですが長く感じましたよ
釧路湿原と併せて計画されたらよいかな
またSLが冬にはしりますがここ落石までは厳冬の頃は車の走行がしんどいかもです
16:36に通過する列車に落日を前後にあわせる計画が必要ですね
 
  1. 2016/12/04(日) 14:50:31 |
  2. URL |
  3. タブレット #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sekitan9522.blog123.fc2.com/tb.php/2880-98c23ce0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

僕は ・・・

タブレット

Author:タブレット
故郷へ続くレールを 追いかけて・・・

逢った場所は ・・・

鉄道写真~北海道 (748)
鉄道写真~北海道・山口 (1)
鉄道写真~千葉県 (85)
鉄道写真~広島県 (43)
鉄道写真~島根県  (539)
鉄道写真~山口県 (1013)
鉄道写真~福岡県 (326)
鉄道写真~佐賀県 (5)
鉄道写真~長崎県 (134)
鉄道写真~大分県 (112)
鉄道写真~熊本県 (316)
鉄道写真~宮崎県 (5)
鉄道写真~鹿児島県 (44)
鉄道写真~岩手県 (2)
鉄道写真~福島県 (6)
非鉄道写真 もろもろ (97)

逢った時は ・・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する