FC2ブログ

故郷へ ~ 汽車の風景

夕焼けの向こうに消えたふるさとを探しに ・・・

ちゃんと心にあること

                                                                                      日田彦山線

                                                                                 ひととおなじに歩けてるかな
                                                                                ひととおなじに笑えてるかな

                                                                                ふつうに
                                                                                たっているのって
                                                                                いきをするのって
                                                                                どういうふうにやれば
                                                                                ・・・

                                                                                街ではいつもそんなことを考えてました
         
                                                                                自分のやり方で歩いていいのかな
                                                                                笑ってても いいかな

                                                                                だれかを
                                                                                好きになってもいいのかな

                                                                                好きだと
                                                                                言ってくれる だれかは
                                                                                いるのかな

                                                                                この橋
                                                                                黄色の列車
                                                                                やわらかな 田んぼのタイルを見ると

                                                                                いつも思う

                                                                                この風景に
                                                                                紙飛行機を飛ばしたい

                                                                                真っ白ではなくて
                                                                                使いふるしたノートの一枚で
                                                                                それも
                                                                                何かごちゃごちゃ書いては消した跡のある
                                                                                紙切れで

                                                                                たいして飛ばない紙飛行機が落ちたその先で
                                                                                だれかが 拾い上げて
                                                                                難しいことなどいらないんだ
                                                                                と 笑って

                                                                                そのあたたかい手の中で丸めてくれたらいい


                                                                                それが
                                                                                あなたの手だったら





                                                                                 ~ 風が 杉の木立を 吹きぬけた ・・・
                                                                                ひらひら と 舞い降りた かみひこうき
                                                                                拾い上げて ひらいてみたら ・・・ この 詩が





                                941_convert_20170622220604_20170629213845f6b.jpg

                                                                                 いつだって そばにいたい と  









スポンサーサイト



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/09/06(水) 06:00:00|
  2. 鉄道写真~福岡県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<ミカンの香りにつつまれて 夏 | ホーム | 14歳になった君に>>

コメント

思い起こせば・・・

おはようございます。

何事もなければ今頃はこんな光景が広がっ
ていたはずですね。

実はここでまだこんな風に上から眺めたこと
は無いのですが、何時も写真を拝見していた
からでしょうか、思い起こせば何時でもまるで
この目で見たことがあるようにこの光景が頭
に浮かびます。

この秋に一度様子見に行ってみたいと思い
ますが、行くのが怖いような・・・。

それにしてもこんな詩の世界、どこから湧き
出てくるんでしょうね。いいなぁ・・・
  1. 2017/09/06(水) 10:45:15 |
  2. URL |
  3. kamisan #-
  4. [ 編集 ]

今週の週刊新潮

「鉄路の行方」と題する特集記事があります。
そこに日田彦山線の筑前岩屋駅の写真が
掲載されてますが、甚大な被害であったこ
とがうかがわれますね。
まだまだ復旧には時間がかかりますが、
どうか1日も早く戻ってもらいたいですね。
  1. 2017/09/07(木) 08:40:59 |
  2. URL |
  3. 千葉県のi-shi #-
  4. [ 編集 ]

Re: 思い起こせば・・・

錯覚 ・・・ ですね(笑)
でも その感覚わかります 僕もよくそれ経験しますよ

行くの 怖いですね
やはり 行けないです
いろんな思いがつのりますが
所詮遊びに行く身 なんだか今は遠慮かなと心に鎖を巻いてます

詩 ・・・ 僕には書けません(笑)
知人からのプレゼントです ありがたいことです

  1. 2017/09/07(木) 19:55:33 |
  2. URL |
  3. タブレット #-
  4. [ 編集 ]

Re: 今週の週刊新潮

そうですか ・・・ カメラマンが行ってるんですね 
被災地状況のなかに鉄道もいれてくれたんですね

見にゆこうと思えば数時間で可能なんですが
こわさと遠慮心で足が向きません
ただ心だけはそれとは逆につのるものがあります

廃線にならねばいいが それが気になってます
  1. 2017/09/07(木) 20:01:26 |
  2. URL |
  3. タブレット #-
  4. [ 編集 ]

軽トラ

*小生の好きな 軽トラが何台か見えますね~
  これを見ると お百姓さんの生活感が感じら   れていいです。
  1. 2017/09/08(金) 21:27:43 |
  2. URL |
  3. ふな #-
  4. [ 編集 ]

ふなさんへ

この懐かしい美しい鉄道いや農業風景がこないだの大雨で悲しい風景になってしまいました

しかし昨年の台風大雨で痛々し風景になった北海道は先日立派に復活していました

いろいろなパワーが要りますが
僕は復活を祈ってます
  1. 2017/09/09(土) 09:06:52 |
  2. URL |
  3. タブレット #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sekitan9522.blog123.fc2.com/tb.php/3060-b299fc7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

僕は ・・・

タブレット

Author:タブレット
故郷へ続くレールを 追いかけて・・・

逢った場所は ・・・

鉄道写真~北海道 (643)
鉄道写真~北海道・山口 (1)
鉄道写真~千葉県 (85)
鉄道写真~広島県 (43)
鉄道写真~島根県  (531)
鉄道写真~山口県 (960)
鉄道写真~福岡県 (312)
鉄道写真~佐賀県 (5)
鉄道写真~長崎県 (126)
鉄道写真~大分県 (112)
鉄道写真~熊本県 (299)
鉄道写真~宮崎県 (5)
鉄道写真~鹿児島県 (36)
非鉄道写真 もろもろ (28)
With You Tube Song  (19)
デジブック(写真アルバム) (50)

逢った時は ・・・

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する